障碍者法定雇用は企業にとり「メーワク」

8月22日
ぶっちゃけ、企業側(従業員側、健常者側)は、障害者「なんて、これっぽっちも、雇いたく、ない」のに、障害者雇用促進法という法律で「雇わざるを、得ない」から、ストレートに障害者嫌悪感情をぶつけてくる / “低賃金・暴言…働く障害者へ…” http://htn.to/b2ccXQAUtR

健常者社員は、「障害者なんかと、一緒に仕事なんか、したくない」が偽らざるホンネ/なので、ホンネベースで虐待が発生する/なので、障害者の「保護」の為には、特例子会社に障害者を「集めて」、健常者「から隔離する」のが、残念ながら「解決策」なんだろう

あと、法定雇用率達成のため、「肉体障害者」の争奪戦になってる/逆に言えば、「知的障害者」そして「精神障害者」を何とか雇用せずに、肉体障害者だけの雇用で法定雇用率ノルマを達成できるかが、人事部員の腕の見せどころ

兎に角「精神障害者」は、法定雇用義務のある大企業からはことごとく嫌われてる。なので、精神障害者の就業率は相当低い筈/解決策としては、法定雇用義務を細かく定めて、知的障害者枠そして精神障害者枠を義務付けるしかなかろう

まあ、民間の「障害者なんて、雇いたくない」のホンネが根強いであろうことは、役所の方々が証明して下さったからな。ペナルティなければ法定雇用率を役所は無視

役所には「特例子会社」の制度は、無いのか?

8月29日
これ、「是正」に数年掛かるパターンだ。障害者を「すぐに」採用できると思ったら、甘い/精神障害者は、民間は忌避するから採用しやすい。但し、果たして使えるかどうか / “障害者雇用:省幹部「死亡職員を算入」 意図的水増し証言 - 毎…” http://htn.to/cqMean1

海外ではどうなのか?そもそもこういう法定雇用率ノルマがあるのか無いのか、ノルマがあるなら達成できてるのか、達成できてるなら何故達成出来てるのか、その辺の調査報道が欲しい / “「障害者採用うっとうしいのか」国の担当者に怒りの抗議…” http://htn.to/RCqEq4

障害者の法定雇用率、大企業だと「特例子会社を設立して、そこで雇用」という方法を取りやすい。その方が「効率的」/しかし、中小企業だと特例子会社設立難しい/中小企業が複数社集まって特例子会社設立して、出資比率に応じて障害者雇用実績の計算に含める、なんてことは出来ないのか?